途切れないから伝統なのか、途切れても再起するから伝統なのか

 もしも鞘師里保モーニング娘。に来なかったら、2011年あたりでモーニング娘。は解散していたかもしれないという話がありますが、それでもハロプロは続いていくはずなのでそうした仮定をもとにその後の各グループの展開を考えてみます。*1

 

解散時点でのモーニング娘。のメンバーは5人いましたが、その後の活動は概ね史実通り……として高橋愛新垣里沙光井愛佳は問題ないし、田中れいなもブランクができることになりますがバンド結成するとして、道重さゆみがここで休業するのはもったいないということで新グループ結成(カントリー・ガールズとする)となります。名前はカントリー・ガールズでもPMが道重さゆみということで背格好は史実のものと大きく異なることになりますが、それでも雰囲気はそれっぽくなると思われます。

 

またモーニング娘。がもはや存在しないということで、史実では2人抜けた後に長く苦しんだスマイレージが引き続き中心的役割を担わざるを得ないと思われます。そしてモーニング娘。の精神の継承を他グループ以上に意識しながら力を付けていき、そして時機を見ていよいよ正式に

モーニング娘。'15

に改名する、そんな展開を考えました。その時点でのメンバー構成(一例)を挙げてみますと

1期(通算9期)*2 和田彩花福田花音(・前田憂佳小川紗季)

2期(通算10期) 石田亜佑美竹内朱莉田村芽実工藤遥 

3期(通算11期) 小田さくら浜浦彩乃

4期(通算12期) 室田瑞希野中美希佐々木莉佳子

と、史実でのモーニング娘。アンジュルムが半々(この時点でアンジュルム勢が1人多いが福田花音が抜けて同数になる)のメンバー構成ながらグループ特性はモーニング娘。を名乗りながらもアンジュルム寄りになると考えられます。一方のカントリー・ガールズは同時期に道重さゆみがPM卒業、合わせて2期メンバーが入るものとしてその時点でのメンバー構成(やはり一例)は

PM 道重さゆみ

1期 譜久村聖生田衣梨奈佐藤優樹田辺奈菜美 

2期 稲場愛香森戸知沙希牧野真莉愛

と、カントリーを名乗るからには北海道出身者(と出身ではないが牧野) は入れるものとしました。

 

他のグループはというと、モーニング娘。がいない分の注目を得ることで℃-uteはややプラスになりそうですがハロプロ全体ではさすがにマイナスで、Berryz工房は史実通りの時期に休止となり、つんく♂Pの病魔も変わりはないはずです。影響が大きそうなのはハロプロ研修生で、注目度が史実より落ちるだけでなく17~22期あたりで登場しないことになるメンバーがいると思われます。そこが読めないのでふわっとした話になるわけですが、それでも新グループを1つくらいは作れそうです。

 

そしてモーニング娘。「復活」の2015年以降です。その前から田村芽実にある意味で鞘師里保に相当する役割を与えることで、ボーカル志向でセールスポイントを作っていくことになると考えられます。ちょうどグループアイドル界に陰りが見えて来た時期でもあり、また闘志あふれるメンバーが多いことで芸能マスコミに注目も浴びやすいと思われますが、勢いに乗りかけたところで田村芽実が史実通りの時期に抜けるとパフォーマンスの立て直しに苦しむことになります。そこでキャラが被るかもしれない欅坂46にぶつかるとなれば、時期がいいようでよくなかったということになりそうです。

 

またモーニング娘。の精神を継承することの正当性でも、ボーカルはともかくダンスでは一段落ちることもあり、ダンス(とチームワークも!?)で勝るカントリー・ガールズ(史実のものとは異なる)の方が相応しいという意見もファンサイドに出てきて、両グループをライバル視する雰囲気が生まれることが考えられます。そしてカントリー・ガールズ佐藤優樹モーニング娘。に喧嘩を売ってモーニング娘。工藤遥が返すというグループが分かれてもまーどぅーことがあるかもしれません。

 

そんなわけで「モーニング娘。を名乗るアンジュルム」と「モーニング娘。を名乗らないモーニング娘。」があるとしたら、という思考実験をやってみましたが*3、いい感じのようでそうでもないということになりそうでそう思えばやはり鞘師里保のしたことは忘れがたいものであると改めて言えるのです。

 

*1:ほとんど影響のないグループもあり、そうなると自然と文中に登場しないことになります。

*2:どちらの呼び方もあり得ますが、特に10期以降は史実のモーニング娘。との比較が分かりやすくなることも考えました。

*3:途中から趣旨が変わったのではありません。最初からそのつもりでした。

酉年から酉年まで

ついに本日をもって℃-ute解散ということで、平均年齢・キャリアにおけるハロプロ内での立ち位置の変遷を振り返ってみます。

デビュー日:グループ結成またはメンバー追加の日
入門日:ハロプロキッズ・エッグ・研修生への加入の日(それらを経ていない場合はデビュー日と同一;ただしその時点での所属グループにおけるデビュー日と異なる場合がある)
特に後者は曖昧なところもありますがハロプロ在籍表の見解に従うものとします。

結成時(2005年6月)
グループ名 誕生日平均 デビュー日平均 入門日平均
℃-ute 1993/7/21 2005/6/11 2002/6/30
Berryz工房 1992/10/16 2004/1/14 2002/6/30
モーニング娘。 1988/3/14 2002/6/11 2002/5/3

結成時平均年齢12歳にも満たず(Berryz工房の結成時はもっと下だった)、当然この時点のハロプロでは年下グループだったわけですが「入門日」だとその頃のモーニング娘。とあまり差がなかったのです。

メジャーデビュー時(2007年2月)
℃-ute 1993/9/12 2005/7/10 2002/10/18
(村上愛脱退前) 1993/7/16 2005/7/6 2002/10/4
Berryz工房 1992/10/11 2004/1/14 2002/6/30
モーニング娘。 1988/11/15 2003/2/12 2003/1/1

平均値にしてしまうとほとんど変動はないのですが、有原栞菜が入ったのと村上愛が抜けたのがあったので記録として出しておきました。

飛躍から暗転、5人に減少(2009年10月)
℃-ute 1994/3/18 2005/6/11 2002/6/30
(有原栞菜脱退直後) 1993/9/27 2005/6/11 2002/6/30
Berryz工房 1992/10/11 2004/1/14 2002/6/30
モーニング娘。 1989/11/7 2004/5/6 2004/5/6
真野恵里菜 1991/4/11 2008/3/29 2006/6/4
スマイレージ 1995/5/31 2009/4/4 2004/8/10

表にはありませんがエルダークラブ組がハロプロを離れ、新たに後輩グループができると印象は大きく変わりました。一方で有原栞菜に続いて梅田えりかも抜けて、これ以降は最後まで5人での活動となります。

どん底を乗り越えて(2011年12月)
℃-ute 1994/3/18 2005/6/11 2002/6/30
Berryz工房 1992/10/11 2004/1/14 2002/6/30
モーニング娘。 1995/4/20 2008/10/21 2008/6/25
真野恵里菜 1991/4/11 2008/3/29 2006/6/4
スマイレージ 1997/1/11 2010/10/30 2008/6/2

(℃-uteにメンバーの変動がないため、ここからは主にモーニング娘。視点となります。)10期加入と高橋愛卒業でついに平均年齢がモーニング娘。より上になりました。いよいよ先輩格として、また実力的にも主力グループとしての活躍を期待されるようになります。

team℃-uteとともに(2013年9月)
℃-ute 1994/3/18 2005/6/11 2002/6/30
Berryz工房 1992/10/11 2004/1/14 2002/6/30
モーニング娘。 1997/2/9 2010/9/3 2010/3/11
スマイレージ 1997/1/11 2010/10/30 2008/6/2
Juice=Juice 1996/12/28 2013/2/3 2011/5/1

この時期の℃-uteは本気でハロプロのトップを取りに行った感があります。モーニング娘。との争いは激しくなりましたが、その中で両グループとも勢力を伸ばせたのは幸運でした。

最年長グループとして(2015年4月)
℃-ute 1994/3/18 2005/6/11 2002/6/30
モーニング娘。'15 1998/9/30 2012/7/6 2011/5/27
アンジュルム 1997/12/1 2012/2/20 2010/1/4
Juice=Juice 1996/12/28 2013/2/3 2011/5/1
カントリー・ガールズ 1998/6/12 2014/11/5(2013/1/16※) 2012/5/7
こぶしファクトリー 2000/5/3 2015/1/2 2012/11/10(2012/3/3※※)
つばきファクトリー 1999/9/21 2015/4/29 2013/12/6(2013/5/2※※)

嗣永桃子のみ、Berryz工房としてのデビュー日で計算した場合
※※広瀬彩海井上玲音小片リサについて、ナイスガールトレイニーへの加入日で計算した場合

道重さゆみの卒業とBerryz工房の活動休止により、名目上のトップが℃-uteになりました。前後して新グループ・メンバーが大きく増えてハロプロメンバー総数がエルダークラブ離脱前の勢力を回復しています。ここまで来るとずば抜けた先輩グループになっていることが分かります。

そして、終幕(2017年6月)
℃-ute 1994/3/18 2005/6/11 2002/6/30
モーニング娘。'17 1999/1/22 2013/6/5 2012/1/30
アンジュルム 1998/12/26 2013/6/2 2011/8/31
Juice=Juice 1996/12/28 2013/2/3 2011/5/1
カントリー・ガールズ 1999/6/6 2015/3/6(2013/5/17) 2012/6/24
こぶしファクトリー 2000/5/3 2015/1/2 2012/11/10(2012/3/3)
つばきファクトリー 2000/5/26 2015/10/3 2014/4/28(2013/12/3)

℃-ute自身について書くべきことはもうないのですが、デビュー日と入門日の差に注目すると、こぶしファクトリー℃-uteと並んでデビューに時間がかかったグループということに気付きます。とにかくハロプロの内でも外でも競争が激しく中で各グループとも耐え、そして℃-uteも耐えた末に解散を選んだのでした。

その先はというと、℃-uteの他に実質的にもう1グループ減って、おそらくは新たに1グループできることになると思います。その展開が読めないのもせいぜい1ヶ月程度のこと、不安でのたうち回るのは今のうちだけにしておきましょう。